筋肉内注射の注意点

  1. 薬剤名と使用期限の確認。
  2. シリンジに注射針をセットし薬剤を吸引。
  3. 肩を露出し、肩峰の位置を確認し、肩峰から指3本下(約5㎝)が注射位置となります。
  4. 注射位置を消毒やアルコールで消毒し、皮膚面に対して垂直で注射針を刺し、筋肉内に到達させます。
  5. 注射針を入れたら、激痛やしびれがないことを確認。
  6. ゆっくりと薬剤を注入します。
  7. 注射針を抜いた後、軽くマッサージを行ってください。
上部へスクロール